Magazine ! コラム

家族と一緒に♪かんざんじ温泉のおすすめ散歩コース

家族と一緒に♪かんざんじ温泉のおすすめ散歩コース

お気に入り

ある秋晴れの週末、家族と共に舘山寺へ出かけました。家族連れで舘山寺と言えば、
パルパルや浜松市動物園、フラワーパークなど、施設型のお楽しみを思い浮かべる方が
多いかもしれません。
でも、ちょっと喧騒から離れて、のんびり歩けるコースを「かんざんじユニバーサルデザインそぞろ歩きモデルコースマップ」(発行:浜松市UD・男女共同参画課/制作:NPO法人地域づくりサポートネット)でみつけました。
今回はこのコースマップに記載されている「舘山寺温泉そぞろ歩き周遊コース」のご紹介です。
 
ユニバーサルデザイン的視点で舘山寺を歩く

今回、私が参考にしたのは、こちらのリンクの資料番号8。
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/ud/universal/siryou/index.html

かんざんじユニバーサルデザインそぞろ歩きモデルコースマップ」のすごいところは、
単なるモデルコースを示すだけでなく、「ユニバーサルデザイン的視点」で、

ここは便利!
おすすめ♡
ここは、ちょっと危ないかな??気を付けてね!!

というポイントが添えられており、マップ上に描かれているイラストが非常にわかりやすいですよ。


 
浮見堂まで歩きましょう!

いよいよ出発!
まずはスタート地点の駐車場からパルパルの東脇を通過し、「水神の松」というところを目指します!
ロープウェイやオルゴールミュージアムがある大草山方面を眺めながらの散策です。



車は通りませんが、自転車は通ります。ご家族やお友達と並んで歩く際には、お気を付けください。

また、あまり湖の側へ近づくと、よちよち歩きの子どもは危ないと思います。
柵の隙間から落ちてしまわないように、見てあげたほうがよさそうですね。

遊園地の喧騒を通り抜けると、松並木が続き、ホテル九重と浮見堂が見えてきました。
ここまで来ると、さっきまでの喧騒はなんだったの?!というほど、落ち着いています。
どちらかというと、ここからがこのマップが紹介するエリアの「みどころ」って感じがします^^

並木道には所々にベンチが置いてあり、ゆったりと湖畔の景色を楽しむことが出来ましたよ。



さぁ、浮見堂の方にもいってみましょう。45メートルの桟橋をわたっていきますよ。
ベビーカーでも渡りやすかったです^^

門前広場の前を通って本場、いよいよ舘山寺へ

「寺」という地名のとおり、舘山寺にはお寺があります。
舘山(たてやま)という山のてっぺんにあるお寺だから、「舘山寺」。そのまんまです(笑)

小さなお子様連れでベビーカーをお持ちの方は、ベビーキャリーを持って行かれるといいと思います。
ベビーカーはお父さんに運んでもらうしかなさそうです。
登りきって右側に舘山寺があります。



舘山寺は火伏の神、秋葉山にゆかりがあるようです。
大きな天狗(奥)と、「明治の鐘」を見つけました。(浮見堂に続き本日2つ目の鐘)



そして、さらに「舘山寺大梵鐘」の看板を見つけて、目に付くまま、足を運んでいきました。
階段を上ると本日3つ目の鐘!!
お、大きい(笑)



一つつくのに、100円でした。
打って目を瞑ると今の幸せとともにタイムスリップする、とかいてありますね(゜o゜)
舘山寺へ行ったら、「いにしへ」にも旅できそうです!?
 
「志ぶき橋」と夕日

さて、この日は午後2時ごろ出発点の駐車場を出て、すでに夕方4時近くになっていました。
そうすると、志ぶき橋のあたりでこんな写真を撮ることが出来ます。



そぞろ歩きもあと少し。
あとはまっすぐに延びている門前通りを進んで戻ります。

通りにはうなぎ屋さんがたくさんありました。
観光案内所もあったりして、ここでも舘山寺はじめ、浜松の観光情報を得ることが出来ましたよ。
 
コースの最後は華咲の湯

コース最後には、華咲の湯(https://hanasakinoyu.jp/)もありますし、
道端にはダイダラボッチの湯の足湯無料サービスがあります。

ここまで、マップを参考に2.4キロ歩きましたので、
身体や足の疲れを癒せます。

いかがでしたか?
大型アミューズメントだけじゃない!舘山寺の魅力♡

もう、今さら舘山寺なんてと言わず、
ぜひ、観光案内所を活用して浜松を隅々までお楽しみくださいね!

この記事に関連するタグ

この記事もおすすめ

Special Contents